バイク エアクリーナー お手入れ

バイクのエアクリーナーのお手入れについて

バイクのメンテナンスを行うときにはエアクリーナーのお手入れが大切です。

 

エアクリーナーはエンジンに空気を送るときにチリやホコリを防ぐためのパーツです。

 

エンジンは回転することによって空気を吸い込みます。

 

その時に吸い込んだチリやホコリが
キャブレターまで入らないようにするためのパーツがエアクリーナーなのです。

 

エアクリーナーはエンジンに入ろうとするゴミを取るパーツなので、
使い続けていると汚れが溜まってゴミが詰まってしまいます。

 

そのため、バイクメンテナンスをするときには、
エアクリーナーの交換や掃除もしないといけません。

 

エアクリーナーには主に3種類あって、
バイクの種類や性能によって違っています。

 

メンテナンスの方法もそれぞれ違うので注意しましょう。

 

まず、昔からあるのが乾式タイプです。

 

表面は白くザラザラしており、空気が通りやすくて
レーサーバイクなどによく使われています。

 

掃除の目安は5,000kmごとに行い、
トータルで20,000kmを超えてきたら交換しましょう。

 

軽くはたくことでチリやホコリが取れますが、チリやホコリで目詰まりしやすいので、
こまめにお手入れするのが理想です。

 

次に湿式です。

 

湿式タイプはスクーターなどでよく使われており、
フィルターがスポンジのようになっていてオイルが染み込ませてあります。

 

掃除するときも洗油に浸すことで、汚れを落とすことが出来ます。

 

走行距離が3,000kmくらいに一度掃除するのが理想です。
長くても5,000kmに一度は掃除するようにしましょう。

 

最後にビスカス式です。

 

ビスカス式もオイルが染み込ませてあるので、指で触るとオイルが付きます。

 

3つの中でも一番持ちが良いですが
、掃除ができないため汚れたら交換しましょう。

 

このように、エアクリーナーの種類によってお手入れ方法も違います。

 

バイクに長く乗り続けるには、定期的なバイクメンテナンスを行うようにしましょう。