バイクブレーキ 整備

バイクブレーキの整備

バイクブレーキの整備は安全に運転するためにとても大切です。

 

バイクメンテナンスを行う上でも、ブレーキはしっかりと整備しなければなりません。

 

ブレーキのメンテナンスはブレーキキャリパーの掃除を行います。

 

まずはブレーキキャリパーを取り外します。

 

ブレーキキャリパーは2つのボルトでバイク本体と繋がっていますので、
ボルトを外してパッドピンをチェックします。

 

この時、スプリングを抑えておかないと、
どこかへ飛んで見つからなくなるので注意しましょう。

 

パッドピンは汚れているだけなら、磨くだけで大丈夫です。

 

段が出来ているときは交換しましょう。

 

ピストンも回して、ブレーキピストンを掃除しますが、
洗浄するときには取り扱いに気を付けましょう。

 

いきなりブレーキレバーを操作すると、
ピストンが4つバラバラに飛び出してくることがあります。

 

ピストンは比較的取れやすいので、ペンチなどで噛ませておくと良いです。

 

部品を組み立てただけではピストンが下がったままでブレーキが効かないこともあるので、
徐々にレバーを握って、手ごたえがあるまで行うと、
ピストンがちょうどよい感じに飛び出してくるでしょう。

 

このようにしておけば、丸洗いが出来る上、
元通りに組み立てるときも簡単にできます。

 

キャリパーとブレーキピストンは、市販されている食器洗い洗剤などを使って、
歯ブラシでキレイに洗います。

 

洗った後はシリコングリスを薄く塗っておくと、
ブレーキがよりスムーズに効くようになります。

 

バイクのブレーキは汚れたままで使っていると、
ブレーキの効きが悪くなって危険です。

 

定期的にバイクメンテナンスを行って、
良い性能を保っておくことが安全運転の第一歩です。