バイク ハンドル調整

バイクのハンドル調整について

バイクのハンドル位置の調整は、バイクを快適に運転するために
行っておきたいバイクメンテナンスの一つです。

 

一般的にバイクメンテナンスはエンジンやタイヤなどのパーツ整備のイメージがありますが、
ハンドルの微調整のように快適に運転するための整備もいくつかあります。

 

購入したままのノーマル状態は、万人向けのポジションに調整されていますので、
各人の身長や体格によってハンドル位置のベストポジションは個人差があるものです。

 

腕の長さや脚の長さ、座高の高さなどによって
リーチの長さが変わってくるからです。

 

自分に合ったハンドル位置にメンテナンスしておくと、
快適な体勢で運転できるので楽です。

 

まず、ハンドルの調整ですが、ハンドルの中央にあるボルトで調節します。

 

ハンドルの中央部にカバーが付いているタイプもありますが、
カバーを取り外せばねじやボルトが見えるはずです。

 

ハンドルの位置はそのねじやボルトを緩めたり締めたりすることで調節できますので、
自分に合った位置に合わせましょう。

 

ノーマルのハンドルではしっくりこない人は、ハンドル自体を変えることもあるようです。

 

ですが、大体の場合はハンドルの位置を調節すると、
乗るときの体勢が安定して乗り心地が良くなるものです。

 

新しいハンドルにしなくても、ハンドル調整で対応できることが多いので、
乗り心地が気になる人はハンドル位置の見直しから始めても良いでしょう。

 

ハンドル位置だけでなく、シートの高さとのバランスもあります。

 

ハンドルが遠すぎたり近すぎたりすることなく、
上体の傾き方や腕の伸ばし方に無理がないかなど、
少しづつ微調整して自分にピッタリ合う位置を見つけましょう。