バイク ペダル調整

バイクのハンドル調整について

チャンジペダルやシフトペダルは走行するときに一番使うパーツのため、
バイクメンテナンスにおいて重要なパーツの一つです。

 

チェンジペダルは走行時にギアを変えるために踏むペダルのため、
ペダルの位置が悪いと運転の時に運転しにくさを感じてしまいがちです。

 

バイクメンテナンスの時には、
特にチェンジペダルの位置を調整するようにしましょう。

 

チェンジペダルの調整は、ペダルのそばにあるボルトで調節します。

 

このボルトを緩めるとロッドを動かすことができるので、
自分のブーツや体勢に合わせてチェンジペダルを好みの位置に調節しましょう。

 

調整後のボルトは車載工具を使って締めると良いですが、
うまく抑えながらやらないと位置がずれることもあるので
気を付けて作業しましょう。

 

また、ブレーキペダルも近い場所にあるので、
バイクメンテナンスの時に調整しておくと良いでしょう。

 

ブレーキペダルもペダルの後ろ付近のナットを緩めて位置調整します。

 

ペダルをあまり下の位置にすると、
ブレーキをいっぱいに踏み込んだ時に下に行きすぎますし、
上過ぎると踏みかえるときに疲れますので、バランスをみて位置調整すると良いでしょう。

 

普段履いている靴の靴底の厚さによっても変えておくと運転しやすくなります。

 

また、ブレーキを踏んだ時に、ブレーキランプが点灯するタイミングも調節できます。

 

ブレーキランプ点灯のタイミングも早すぎず遅すぎず、
ちょうど良いタイミングを見つけて調整しておきましょう。

 

チェンジペダルの位置はバイクメンテナンスで自分の好みにカスタマイズできます。

 

バイクメンテナンスは故障を防ぎ、安全に運転することが第一の目的ですが、
乗り心地など快適に運転するためのメンテナンスもあります。